業者を比較しよう

ワイファイ

wifiサービスを利用する人も増えてきていますが、外出先でもいつでも通信手段を確保する方法としてモバイルwifiがあります。比較サイトなどで業者を調べることもできますので、契約する前に調べておくと良いでしょう。

短期間だけ利用したい

ルーター

wifiレンタルには、国内用のものと海外用のものがあります。海外用では、現地の通信会社の回線を利用することができ、渡航先を選んで申し込みます。どちらのwifiレンタルも、短期間だけ利用するのに便利です。

利用できる機種を借りよう

携帯

台湾でネットや携帯電話を利用する場合には、SIMカードを現地で買って、機械を国内で借りるか買って利用できる方法だけではありません。機械本体を直接現地でレンタルする方法や、機械を日本でレンタルして現地に持ち込む方法もあります。

空港で手続き

wifi

海外で使える「レンタル携帯電話」「レンタルWi-Fiルーター」比較情報サイト

比較内容を確かめておくことができるので、タイでwifiレンタルを利用したいと感じているならこちらからとなります。

どちらの国でもOK

タイに旅行に行く際に、ネット環境をどうしようかと考える人は少なくないでしょう。何も対策せずに海外でキャリア接続をしてしまうと非常に高額な通信料を請求されてしまうので、wifi環境を整えることが必要になります。タイにおいてもwifiが利用可能な施設は多くありますが、場所を選ばずにwifiを利用するためにはタイで利用可能なwifiルーターをレンタルする必要があるのです。レンタルの方法ですが、大きく分けて2つ存在しています。その2つとは、1つは日本でレンタルしてタイへ持っていくという方法で、もう1つがタイでレンタルするという方法です。日本でレンタルする場合は、空港に用意されているブースで申し込みを行えば大丈夫です。成田空港などでは複数のレンタルwifiブースがありますが、利用できる回線の種類や利用料、保障などは異なりますので注意です。また、同時に予備バッテリーなどのオプションも一緒にレンタルしておくと安心ではないでしょうか。ゴールデンウィークや年末年始などといった海外旅行者が増える時期はこれらのレンタルwifiブースも非常に混み合いますので、事前に申し込んで空港で受け取るか配送してもらうとスムーズです。タイの空港においてもwifiレンタルは行われています。ただし、この場合は外国語でのやり取りが必要になりますので、ある程度の英語力がない人は日本でレンタルした方が安心出来るのではないでしょうか。