利用できる機種を借りよう

携帯

3つの主な方法がある

日本から台湾へ行ったとき、ネットや端末を利用する方法は複数に分かれているので、事前に確認してから活用しましょう。第1に現地のSIMカードを購入し利用しますが、基本的にSIMフリーの携帯を必要とする方法なので、ない場合は携帯をレンタルしてSIMカードだけを買いましょう。第2に、日本国内で台湾仕様になっている携帯をレンタルし、直接現地に持ち込んで使用する方法があり、現地で手続きをせずに利用できるのがメリットです。第3の方法としては現地で契約をする方法ですが、現地で利用するよりも国内であらかじめ契約をしておいたほうが、日本語が通じやすく、料金トラブルもありません。契約する会社によってはあらかじめ無料通話が突いていることも少なくないため、利用する前に契約内容を確認すること、料金はどれくらいなのかを確認しましょう。旅行期間中使用する為に借りる場合、レンタル利用料が1日あたり数百円程度で済みますが、台湾での通話料やネット料金に関しては自己負担です。また、盗難損害補償料金がついている会社もあるため、万が一のトラブルに対しても安心して借りられることも少なくありません。複数の企業で携帯レンタルを受け付けていますが、台湾で使える機種、借りる日数の料金を踏まえて申し込むことが重要です。インターネットを利用する場合には、利用する部分の料金に関しても見積りをもらって確認し、総合的に判断してから申し込みましょう。